【カナッペ】小倉かまぼこが作る旦過市場の看板商品を久しぶりに食べる

北九州

北九州の台所と呼ばれる「旦過市場」。

子どもの頃から通った場所で、たくさんの思い出があります。

久しぶりに小倉周辺に用事があったので、ふらっと「魚町銀天街」や「旦過市場」に行ってみました♪

今回ご紹介したいのは、旦過市場で営業されている「小倉かまぼこ」さんの「カナッペ」です。

 

スポンサーリンク

「小倉かまぼこ」さんのカナッペとは?

あー、久しぶりにカナッペ食べたい…

カナッペっちなんね。

旦過市場で売りようやん!知らんの?

知らんねぇ。

wikipedia見たら「食パンにチーズや野菜をのせた料理」っち書いとるよ?これ?

 

違うっちゃ!

テレビにも紹介された小倉名物よ!教えちゃる!


はい!

てんちゃんが「小倉のカナッペ」を知らないようなので、まずお店の情報からご紹介します♪

 

お店はどこにある?

<小倉かまぼこ>

・旦過市場で大正9年に創業した老舗かまぼこ店
・現在は小倉北区紺屋町に本店が移転。旦過市場と2店舗で営業
・テレビ番組で紹介された「カナッペ」を販売している

【本店】
住所:〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区紺屋町2-20
電話番号:093-521-1559
営業時間:9:30~18:00
定休日:日曜日

【旦過市場店】
住所:〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-19
電話番号:093-531-5747
営業時間:9:30~18:00
定休日:日曜日

小倉かまぼこ㈱HP

 

カナッペとはどんな料理?

小倉かまぼこカナッペ

「カナッペ」とは、玉ねぎにんじんなどを入れた魚のすり身を、薄いパン生地でくるんでカラっと揚げている商品です。

魚のすり身は「イトヨリダイ」を使用しており、中はモチモチ、外はサクサクでとっても美味しい!

また、胡椒がピリッときいているので、晩酌のお伴にもおすすめですよ♪

小さいお子さんにはちょっと辛いかもしれませんが、カナッペ以外にも「コーン天」や「枝豆天」、「クリームチーズ天」などたくさんの商品があります。

 

伺った「旦過市場店」さんです。

外国人観光客にも人気があり、専用の張り紙もありました。

老舗の雰囲気が良いです(^^)/

 

カナッペ

50年以上続くロングセラー商品であるカナッペは、一個140円です。

大人でも2個食べたら十分満足するボリュームがありますよ♪

そして持ち帰って冷めてしまっても、以下の温め方で出来たての味が楽しめます。

 

①700Wのレンジで4~5分程度温める

②その後、オーブントースターでパンの部分かカリッとなるまで焼く
(またはフライパンで転がしながら温める) 

 

北九州の名物「カナッペ」また買いに行きます!

カナッペ 切った

大正9年といえば、西暦でいうと1920年。

カナッペを販売する小倉かまぼこさんが創業されて、来年2020年で100周年になります。

素材にこだわり続け、長く愛される商品を作り続ける老舗の心意気に感服です!

また買いに行きます♪

<旦過市場のその他おすすめ店については以下で記事にしています>

小倉【旦過市場】で絶対に買うべき地元民おすすめのお店をご紹介
旦過市場には美味しいものがいっぱい!小倉の郷土料理の「ぬか炊き」「おでん」「新鮮な魚や野菜」カナッペ以外にもおすすめのお店がたくさんあるのでご紹介します。