沖縄の郷土料理【ミミガー】を福岡風にアレンジしてみたら激うまでした

九州情報

沖縄の食べ物といえば、ミミガー、海ぶどう、ちんすこう、ソーキそば等々…。

その昔沖縄に旅行へ行ったのですが、若かったこともあり…

海!バナナボート!スキューバー!

こんな感じのレジャー全開の脳内でした。

旅行から福岡に帰って十数年。

 


沖縄旅行に行くなら絶対に首里城とジンベエザメみて、ステーキとミミガーとヤギ刺しと…(割愛)

 

 

30代を迎えると「海だー!!ひゃっほう!!」というよりも、地域情報や歴史、食べ物に興味が湧いてきますよね…(笑

これが俗にいう「落ち着いた」ということなのでしょうが、体力が持たないことも事実です。笑

すぐに沖縄旅行に行けるわけではありませんが、今回は近くのスーパーでこんなものを見つけたのです!

 

福岡のスーパーにミミガーが!

福岡のスーパーにミミガーが!

ミミガー!!(*´ω`)

近くのスーパーですが北九州クオリティなのか、結構なんでも置いています。

シュモクザメとか、フグとか、買った人大丈夫?と心配になるくらいの食材が置いています。

北九州の魚は新鮮!ボラも食べるしスーパーには意外なあの魚も?!
北九州市は本当に面白い地域です。スーパーにあの魚が並んでいるなんて…。ですが、ボラも新鮮に美味しく食べれるので、注意点や詳細について記事にしてみました!

沖縄に行きたい気持ちを抑えていたので…。

ここはミミガーで「沖縄に行った気分」になるしかない!

沖縄の郷土料理では辛みそやピーナッツバターの和え物で食べるようですが、今回は福岡県のお口に合うようにアレンジしてみたのでご紹介します!

もちろんズボラな私のすることなので、適当な超簡単レシピとなっています。

 

スポンサーリンク

ミミガー(豚耳)を買いたい時は

パックから取り出されたミミガー

パックから取り出されたミミガー

どうやらこちらのミミガー、すでに火であぶられて毛は焼かれて処理済でした。

下ごしらえが簡単になりますね♪

画像の豚耳(手のひらより一回り大きい)サイズで、大皿いっぱいのミミガースライスが出来ます。

購入される時は量と冷凍庫の空きにご注意くださいね。

つまみにはピッタリなので、すぐに無くなってしまうと思いますが…(*´ω`)

お近くのスーパーで手に入らない方は、ネットでも販売しているのでチェックしてみてください!

 

やはり、スライスされていない商品の方が価格的にかなりお安いようです。

 

手間をかけたくない方はスライス済だとサッと茹でるだけですよ♪

 

「福岡風ミミガーぽん酢炒め」の作り方

材料は以下のみです!

・ミミガー
・ごま油
・塩、コショウ
・ポン酢
・ネギ・しょうが・にんにく(お好みで)

ミミガーを洗い、沸騰したお湯の中に、塩(約大さじ1)を入れて6分ほど待ちます。

茹でられるミミガー

茹でられるミミガー

6分経過したら再度水でキレイに洗い、もう一度同じ要領で湯がきます。(合計2回)

 

スライスされたミミガー

スライスされたミミガー

ボイルが完了したら、お好みの大きさに切っていきます。

個人的には少し厚めで歯ごたえがある方が好きです(*´ω`)

スライスが終わったら、ショウガとニンニクもお好みで混ぜ合わせます。(チューブタイプだと2cmくらい)

 

ごま油で炒められるミミガー

ごま油で炒められるミミガー

熱したフライパンにごま油を入れ、ミミガーを投入!

中火くらいの火力でOKです。

 

ポン酢を入れられるミミガー

ポン酢を入れられるミミガー

熱が通ってきたら「ぽん酢」投入。

改めて言いますが、材料は全て「適量」です。笑

ズボラレシピなので…お好みでどうぞ(*´ω`)

 

盛りつけられたミミガー

盛りつけられたミミガー

最後にネギを入れたら、ササっと盛り付け!

ミミガー1枚で大皿一杯分出来上がりました!

 

マヨネーズを付けられても美味しいミミガー

マヨネーズを付けられても美味しいミミガー

ぽん酢やニンニク、ショウガなどで味付けされているので、そのままでも美味しいのですが、マヨネーズをちょっとつけても良いと思います!

ぽん酢でサッパリといただくので、福岡の「焼き豚足」に何か通ずるところがあり、コリコリした食感がたまらなく美味しい!

【九州定番の焼豚足】コラーゲン効果でお肌プルプル?手軽に食べよう
九州の定番である「焼豚足」。簡単にパパっと作れます!この記事を読んだらきっと食べてみたくなるはず…。

また低価格でたっぷりと出来上がるので、晩酌のお伴や、夕食の1品に出すと喜ばれますよ。

お手軽レシピなので、ぜひ「沖縄(及び福岡)に行った気分」を満喫してみてくださいね。