北九州名物【蒸しちゃんぽん麺】自宅で簡単に本格的なチャンポン!

北九州

皆さん、北九州市の「戸畑ちゃんぽん」をご存知でしょうか?

普通のちゃんぽん麺として売られている麺は、うどん麺のような柔らかいタイプが多いですよね?

実は、戸畑ちゃんぽんの麺は普通の「ちゃんぽん麺」と違い、麺がカッチカチに固まったまま売られている「蒸しチャンポン麺」なのです。

麺にコシがあって歯ごたえ十分!細麺でちゃんぽんのスープとよく絡んでとっても美味しいんですよ♪

この蒸し麺は、「北九州名物」と言っても過言ではないと思います。

 

いや・・・それはいいけど、カチカチの麺ってどんな麺や

もしかしたらスーパーなどでも見かけた事があるかもしれません。(九州限定なのかな?)

ひっそりと陳列棚にたたずむ「蒸しちゃんぽん麺」。

それがこちら!

むしちゃんぽん

我が家では、お鍋に入れる麺としても重宝しています。

普通の柔らかい麺とは異なり、伸びにくくコシがあって美味しいので、鍋の〆にピッタリですよ♪

今回、こちらの「むしチャンポン」でちゃんぽんを作ってみたので、moimoi家のレシピをご紹介したいと思います!

周りの人に公開すると、かなりビックリされるこのレシピ…。ぜひ読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

我が家のちゃんぽんレシピ

はい!それでは、我が家のちゃんぽんレシピをご紹介します!

材料は以下となります。

・むしちゃんぽん麺
・ちゃんぽんスープ(白色の袋タイプ)
・お好みの野菜
・ちくわやかまぼこ
・牛ひき肉(ミンチ)

<調味料>

・ごま油
・オイスターソース
・塩コショウ
・牛乳
・にんにく

「え?!」と思う材料が2点ほどありますよね(;^ω^)

はい。ひき肉と牛乳です。

これもお好みにはなるのですが、もちろん「豚バラ肉」でも大丈夫です♪

何故「ひき肉」を使っているのかというと、我が家の息子たちがスポーツをしているため、脂分の少ないお肉を日々食べさせているからなんですね…(;^ω^)

そのため、よくひき肉ササミで作っています♪

もう1点が「牛乳」ですね。

スープの3分の一は牛乳で作ります。 笑

合わないと思われがちですが、ちゃんぽんのスープは塩辛いものが多いので、牛乳を入れることで、まろやかでコクがあるスープに生まれ変わります(^^)/

野菜やお肉、練り物から良いダシが出るので、牛乳が入っていると言われなければ気付かないと思います♪

 

さて、ちゃんぽんを作っていきましょう!

ちゃんぽん麺の袋の裏

麺の袋の裏を撮ってみました!

いつも思うのですが、賞味期限が意外と近いのでご注意ください…。

こちらの麺は行橋市で作られているみたいですね♪

 

袋を開けると

開封すると、麺がふたつに分かれます。一袋2人前です。

この時点ではちょっとしっとりしていますが、カチカチです。

野菜や肉などの材料を炒めて、購入したスープを投入します。

 

スープ

スープは袋に入ったストレートスープを使用します!

開けてしまった後の写真で申し訳ない…(;^ω^)

本来なら白濁したスープがパンパンに入って売られていますよ。

1人前なのですが、このまま使うと塩っ辛いので、いつも「人数-1」の数を購入しています。

牛乳を結構入れてしまうので、それでも十分に足りますよ♪

お近くにこのスープが売ってない場合は、粉末のスープでも良いと思います。

同じ「ミヤジマ」さんの粉末スープも記載しておきます!

 

牛乳投入

十分に野菜や材料を炒めたら、購入したスープを投入!

オイスターソース、ごま油、にんにく、塩コショウなどで味を整えていきます。

その後、全体的に火が通ったら、牛乳の投入!

4人前を作る我が家では、1人前のスープくらいの量(280g)は入れています。

 

牛乳を入れてからは煮立たせないように注意しながら、全体的に火が通ったら麺を入れて完成です!

気になる方は、麺を別茹でにしたりもするようですね(^^)/

その場合は伸びないように、サッとほぐれたらスープに移すと良いと思います♪

 

ちゃんぽんだったら野菜を食べる!

ちゃんぽんの良いところですが、

・野菜がたくさん食べれる

これにつきます(^^)/

子ども達に野菜をたくさん食べて欲しいけど、なかなか食べてくれない…という時に、ちゃんぽんにしてしまうとパクパク食べてくれるのでおすすめです♪

そして、市販の柔らかい麺ではなく、「むしチャンポン麺」をぜひ使ってみてくださいね!

豚骨ラーメンが好きな方であれば絶対に好きな歯ごたえと細さなので、北九州名物をぜひ体感してみてください♪

スポンサーリンク
北九州
スポンサーリンク
シェアする
moimoiをフォローする
もいもいBLOG