プライム会員って何?今更聞けないAmazonプライムをご紹介

Amazon

Amazon好きが高じてこんな本を読んで見ました。

元マイクロソフト社長の「成毛 眞」さんが書いた、Amazonの取扱説明書と言っても過言ではない書籍です。

Amazonを利用している人には大変参考になる内容が多く、Amazonは使ってないよ!という方も実は「知らず知らずの内にAmazonのお世話になっている…」という内容もあり、目からウロコの情報もありました。

お時間がある方は是非読んで見てくださいね(^^)/

 

そんなAmazonがお勧めしている、

「Amazonプライム会員」について、詳しくご紹介しようと思います。

 

※2019/4/12にプライム会費が値上がりしました。記事中では変更後の会費で記載しています。

 

スポンサーリンク

Amazonプライムについて

私自身、Amazonプライムにはとてもお世話になっている人間なのですが、

先述した書籍を読み、「プライム会員で出来る事をあまり知らない方が多いのでは?」と疑問が湧いてきました。

ヘビーユーザーとしては、非常に勿体ない…という気持ちと、どうせプライム会費を払うなら、とことん使い倒してほしいと思っています!

それではAmazonプライム内容をご紹介します。

 

プライム会員の会費

Amazonプライム会員の会費は2パターンあります。

・月会費:月額500円
・年会費:年額4,900円

年会費の方が毎月で計算すると少しお得になっています。

 

学生さんはプライムスチューデント

学生さんであれば、こちらがお勧めです!

プライム会員とほぼ変わらないサービスを受けることができ、更に年会費が安いのです。

・月会費:月額250円
・年会費:年額2,450円

入会時期によっては2,000円分のクーポンがプレゼントされる事もありますので、学生さんは是非チェックしてみてくださいね。

 

Amazonのクレジットカード

また、Amazonゴールドカード(クレジット)をお持ちの方は、自動的にプライムの利用特典が付いてきます。

Amazonのクレジットカードは、AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードとなり、三井住友カードが発行しているクレジットカードになります。

 

プライム会員の利用特典

かなりたくさんあります。

私もすべての特典は利用しきれていない状況ですが、代表的なサービスから「え?!こんなのあったの?!」というものまであるんですよ!

 

お急ぎ便・日時指定が無料

対象商品のお急ぎ便・お届け日時指定便が無料で使い放題となります。

通常1回につき500円の手数料が必要なお急ぎ便が無料。

プライム会員になったら一番利用する特典になります。

 

Prime Video

プライム会員向けの動画見放題のコンテンツがあります。

人気コンテンツとしては、ダウンタウンの松本人志さんがプロデュースされた「FREEZE」や、「ドキュメンタル」が有名ですね。

お子様向けのアニメ、海外ドラマや映画など…。

紹介をするとキリがないくらいのコンテンツが見放題となっていますよ!

スマホやタブレットでアプリをインストールしても見れますし、我が家ではPS4にアプリをインストールして楽しんでいます。

記事にもしましたが、ファイヤーTVスティックも2階の寝室で大活躍しています!

Fire TV Stickで古いテレビを復活させる方法【費用1000円】
HDMI端子がない「赤白黄色」の古いテレビでも大丈夫です!買うのは変換アダプタ(約1000円)のみ?Amazonファイヤースティックで復活させてあげましょう!画像付きでご紹介します。

プライムビデオは本当にお勧めです(^^)/

利用し始めてからビデオ屋に行ってレンタルする事がなくなりました。(よく返し忘れて延滞していた…。)

どんな番組があるのか、Amazonのサイトからチェックしてみてくださいね♪

 

Prime Music

これもPrime Videoと同じく、プライム会員向けの聞き放題のサービスがあります。

100万曲以上が聞き放題となっているので、いつでも気軽に音楽が楽しめます。

私はスマホにアプリをインストールして、朝のウォーキングの際に楽しんでいます。

 

Prime Reading

電子書籍kindleのプライム会員向け、読み放題サービスです。

本を読むことが好きなので、空いた時間に面白そうな本を探して無料で楽しんでいます!

かなりの頻度で利用しているのではないかと思います。

Amazonのkindle(キンドル)を使い倒す!がお得?!電子書籍が良い理由をご紹介します
kindleを持っていても、利用できるサービスをフルに使えていない?!実際に私も使えていないサービスがありまして…。本を読むのが好きなら絶対にkindleを買うべき!お勧めする理由を紹介します!

 

会員限定先行タイムセール

タイムセールの際に通常のお客さんより先に商品を手に入れることが出来るサービスです。

 

Amazon Photos

溜まりがちなフォトデータを、Amazonが無料で預かってくれるクラウドサービスです。

 

Prime Now

※対象地域の方限定サービス

注文から最短1時間で配送されるサービスが利用出来ます。

 

Amazonフレッシュ

※対象地域の方限定サービス

新鮮な野菜や鮮度の良い食品などを注文出来るサービス。

 

その他…細かい特典をあげるとキリがない…
・Twitch Prime(Twitchと連携可能・無料ゲームのダウンロードや特典あり)
・定期おトク便でおむつとおしりふきがいつでも15%OFF

細々した特典をあげると、記事が終わらないくらい…(笑)

そのくらいAmazonは「プライム会員」をアピールして、会員を優遇しているサービスが多いことが分かるかと思います。

 

Amazonプライムに勝手に入会されている!?

ここまでプライム会員の特典についてご紹介しましたが、この記事を読まれている方のお悩みに多いのではないかな?と思う内容についてご案内します。

私がAmazonヘビーユーザーであることを家族や知人はよく知っているので、何か問題があるたびに質問を受ける事が多いのですが、一番多い質問として、

・クレジットカードに500円(4900円)の請求が発生している!
・Amazonプライムって書いているけど、入会した覚えがないんだけど…。

大体この質問が多いです。Amazon利用あるあるですね。

結論から言うと、Amazonがアカウントを勝手にプライム会員に登録することはありません。

そのため自身で気付かないうちに、登録の手順を踏んでいるのです…。

 

無料体験から有料会員へ切り替わっていませんか?

プライムは「30日間の無料体験」に申し込みすることが出来ます。

この無料体験ですが、30日の期限が過ぎると自動的に有料会員へ更新されてしまいます。

自分で自動更新の設定をOFFにするかキャンセルの手続きをしないと、30日経過後に月会費の500円や、年会費4900円の請求が発生してしまうということになります。

ちなみにこの話を知人にすると「そんな画面見てないし、記憶にないよー」のような話になります。

もちろん無料体験に申し込みの後は、画面でもその旨表示されますし、「プライム無料体験にお申込みありがとう!」というメールもすぐに飛んできます。

でも、意外と見てないんですよね…。

だって本人は申込したつもりが全くないのです。

さらっと画面を見たり、メールを見たりしているので、気付かないまま登録となっている…という事が多いような所感があります。

 

注文慣れしてしまい、画面をよく見ずに確定していませんか?

心当たりのないまま無料体験の登録が完了してしまう。

この部分がAmazonのサイト表示の分かりづらい点になります。

なぜ心当たりのないまま登録が完了してしまうのか…。

購入したい商品をカートに入れて「レジへ進む」をクリックすると、支払い方法や発送方法を設定する画面に移動します。

「注文内容を確認・変更する」という注文確定の黄色いボタンがある最終画面で、以下の場所を確認してみてください。
・発送オプション:☑プライムに無料登録してお急ぎ便を利用する

この項目にチェックが入っているまま注文を確定してしまうと、プライムの無料体験に申し込みが確定されます。

 

「プライムの無料体験してくれたら、この注文を無料でお急ぎ便に出来るよー!」とAmazonが提案してくれているんですね。

希望されない人からすると大きなお世話かもしれませんが、Amazonも企業なのでプライムの会員を増やして利益を上げたいのは当然の事なので、全力でおすすめしてきます(笑)

登録されたお知らせを画面上で案内もしていますし、メールでも案内するので、決して騙して登録させようとする意図があるわけではないのでしょう。

ただ個人的にはここで気付かずに、チェックが入っているまま注文確定して、お急ぎ便で配送されたことに気付かない人が多いと感じます。

・画面の案内をよく見ていないままクリックしている
・メールを読んでいない(実は発送のお知らせメールでも、お急ぎ便と記載されています)

ネットショッピングが当たり前になっている時代ですが、画面をよく確かめずにクリックしてしまうと、後で請求が来てびっくり!ということにもなりかねません。

・しっかり注文の内容を確認してから注文確定する。

Amazonの利用だけでなくその他のサイトでも、消費者としては一番大切で、気を付けなければいけない事かと思います。

 

自分の利用したい、利用状況に合ったサービスはあるのか

ここまでご紹介しましたが、ビデオも見ないし、ミュージックも聞かない。

注文してもそんなに早く配送してくれなくてもいいし、そもそも注文もあんまりしない。

という方は無理にプライム会員に登録する必要は全くありません(*´ω`)

ですが30日のプライム会員無料体験もあるので、ご説明した有料会員の自動更新さえ気を付けていれば、無料でお試しが出来ますよ!

興味のある方は一度登録して体験するのも良いかもしれません。