Amazonゴールドカードを一番お得に作る方法「580円の得」

Amazon

2019/4/12にAmazonのプライム年会費が3,900円から4,900円に値上がりしました。

ここで注目されているのが「Amazonゴールドカード」です。

Amazonゴールドカードは年会費10,800円がかかりますが、プライムの特典がついているので、その他の割引も考えると、

・プライムサービスを利用している人は絶対に持っておいた方が得

というカードとなります。

実際に私の請求画面もご紹介しながら、クラシックカードの詳細や、一番お得にAmazonゴールドカードを持つ方法をお話していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

Amazonのカードは2つ

まずはじめにAmazonのカードは三井住友カードが発行する2つのカードとなります。

・Amazonクラシックカード(年会費無料)
・Amazonゴールドカード(年会費10,800円)

三井住友カード

※画像 三井住友カードHPより引用

 

Amazonクラシックカードについて

まずはAmazonクラシックカードについてご紹介します。

年会費 無し(年1回以上の利用で翌年度も無料)
Amazonのショッピング 1.5%還元(Amazonプライム有料会員・無料体験中の場合2%)

入会特典のポイント数は、申込するAmazonアカウントによって異なります。

そのため、友達は5,000ポイントだったのに、自分は3,000ポイントだった…という事もあります。

ご自身の入会特典ポイントについては、Amazonサイト上でログインした状況で確認してみましょう!

あなたの入会特典のポイント数が分かりますよ♪(以下のページから確認可能です)

 

ゴールドカードを作る時は、Amazonクラシックカードを先に作ろう!

Amazonプライム会員の利用をされている方は、「Amazonゴールドカード」がお得になります。

ですが、Amazonゴールドカードには現時点で「入会特典ポイント付与」がないため、確実にお得にするためには、

①一旦、入会特典ポイントが付与される「Amazonクラシックカード」に申し込みをする
②入会特典ポイントをもらう
③その後、Amazonゴールドカードに切り替えを行う

これがベストかと思います。

 

Amazonゴールドカードについて

そしてゴールドカードの詳細です。

年会費 有り 10800円
Amazonのショッピング 2.5%

 

・ポイント還元率が2.5%
・プライム会員の特典が使える(年会費4,900円分)

年会費は10,800円かかるけど・・・以下の割引、特典がある

ゴールドカードには年会費が10,800円かかります。

年会費の金額だけ聞くと、「年会費無料のクラシックの方が良い」と思われがちですが、以下の割引・特典があります。

・マイ・ペイすリボ割引→5,400円

・WEB明細書割引→1,080円

・プライム会員の特典→年会費4,900円

そのため、10,800円の年会費は、

年会費10,800円はウェブ明細で1,080円割引、マイ・ペイすリボで5,400円割引となるため、実際は4,320円
実際にかかる4,320円には「プライム会員の特典4,900円分」がついているので、実質580円もお得!

 

そのためプライム会員になるという前提であれば、年会費がかかっても割引と特典の時点で580円もお得になりますし、さらに買い物をした時のポイント還元が2.5%になると考えると…絶対に持っておいて損はありません!

 

ゴールドカードを作る前に注意点がある

注意する点としては、以下となります。

「WEB明細書割引→1,080円」が2年目からとなり初年度は適用されない(過去1年間に6回以上の請求がある方が割引)

そのため、Amazonのカードを全く持っていない方が直接ゴールドカードに申し込みをすると、初年度はマイ・ペイすリボで5,400円割引のみとなり、実質5400円の請求となります。

ですが…実際に私の以下の請求を見てください。

 

実際の初年度の私の請求画面

実際の初年度の私の請求画面

初年度から「WEB明細書割引→1,080円」が引かれていますね♪

 

どうやらAmazonクラシックを利用していて、ゴールドカードに「切り替え」を行った場合は、WEB明細書割引の適用条件である「過去1年間に6回以上の請求がある方が割引」という項目は引き継ぎされるようでした。

 

<結論>

① Amazonクラシックカードに申し込み(web明細、マイ・ペイすリボの設定)

② 入会特典ポイントをもらう

③ 前年度の請求(6回以上)が確認出来たらゴールドカードへ切り替え

上記の流れが一番のお得となるという結果でした!

クラシックカードがゴールドカードか…

利用頻度やプライムサービスを含めて検討してみてくださいね♪