保護猫とら推定3歳 釣り場で大怪我をしている所を保護しました

「とら」との出会いは2018年6月。

いつもの釣り場に向かったmoimoiと次男坊でしたが、コンビニ弁当のゴミを一生懸命漁っている猫を発見。

どうせ野良だしすぐに逃げるだろうと思っていながらも、呼びかけてみると、にゃーにゃー言いながら体をスリスリ、のどはゴロゴロ状態。

しまいにはおなかを見せて食べ物を要求…。

今考えると、釣り場を拠点としていたので、釣り人にすり寄ることでご飯をもらっていたんでしょうね…。

人間への警戒心が全くない猫でした。

辺りは夕方過ぎの薄暗い中で、その時はあまり見えていなかったのですが、あまりに懐っこさに愛着が出てきて撫でてみたところ、手になんとも言えない変な感触がありました。

ライトで照らしてみたところ、

首から右脇にかけて、たすき状に大怪我をしていました。

脇の部分からの出血が酷く、患部は肉芽になって膿んでいる部分もありました。

「体の小さい子猫の時に、たすきをかけるような形で紐状の物が引っかかっていて、そのまま成長して最近やっと取れた」見た目ではそんな感じの大怪我でした。

体もガリガリに痩せているし、この子をこのまま野良で置いておくと、出血で衰弱してしまうか、傷口からばい菌が入り確実に命に関わる。

そのように判断して、保護することをその場で決断しました。

 

首のケガ

首の部分は毛がない状態。

 

全体的に痩せてます

全体的に痩せてます

全体的に痩せていて、体からは膿の匂いがしました。

 

スポンサーリンク

保護した翌日、すぐに動物病院へ

保護した時は子猫かな?と思っていたのですが、獣医さんのお話を聞くと歯の状態からおおよそ3歳くらいでしょうとのお話でした。

保護から4ヶ月経過した今でこそ、3歳と言われて納得する体格になりましたが、当時は全く信じられない程小さく、痩せこけていました。

 

保護翌日の様子

保護翌日の様子

診察の結果、猫エイズの感染はなく、ノミ・マダニも見つかりませんでしたが、他の猫達にうつってはいけないので、念のため治療をしました。

怪我については完治するまで半年はかかるという事でした。

 

家に連れて帰ってから

怪我をした成猫は里親が見つかりにくい状況のため、里親募集はもう少し怪我が落ち着いてから…と言われ、家に連れて帰りました。

でも、この頃には分かっていたのです…。

 

リラックス

保護した翌日に病院へ連れていかれ、包帯でぐるぐる巻きにされてもリラックス状態。

 

リラックス2

抱っこが大好きですぐに喉を鳴らすし…。

怪我が落ち着くまで(おおよそ6ヶ月)、こんな可愛い子と一緒に過ごしたら、手放せるわけない!

あなたの名前は「とら」に決定!

こうしてとらはmoimoi家の四男坊として無事、仲間入りとなりました。

 

洋服とら

この記事を書いている時点で、首の毛は生えそろい、脇の大怪我も後少しというところまで治りました。

どうしても自分で舐めてしまい悪化するので、完治するまではお洋服(息子達の古着)を着せて、毎日消毒とお着換えしています。

怪我の原因ですが、釣り場にいたので、もしかしたら釣り糸等が絡まってしまっていたのかもしれません。

釣り人の皆様、そうではない方も、ゴミは必ず持ち帰りましょう!

簡単な気持ちで置いて行ったゴミで、物言えぬ子達が苦しい思いをしてしまうことを、どうか多くの人に知ってほしいと思います。

 

はらまきとら

ここまで読んでいただいてありがとうございました♪

 

追記:皆さんに野良猫の現状をお伝えしたくて、とらちゃんの動画を公開しました。

とらのその他の記事はこちらから↓

とらの洋服紹介 猫の服が高いなら手作りしよう
猫の服って高いですよね。ネタで買うのなら良いのですが、とらのように怪我の保護用となるとなかなか見つかりません。そこで簡単に手作りしてみました♪
とらの去勢手術・価格や術前術後の注意点など
術後のカラーになれるまで、ショベルカーのようにいろんな場所へ突っ込みまくる「とら」。去勢手術の流れをご紹介してみました!