【コストコ】カークランドのキャットフード11kgを猫達へ与えた結果

多頭飼い(猫5匹)の我が家で切実な問題と言えば…

・愛猫のフード問題

食いつきが良く、体に問題がない品質、コスパ良しのキャットフードを探し求めてついに買ってしまいました(*´ω`*)

それが…コストコで販売している…

 

カークランドのキャットフード(11.34kg)

 

こちらの商品、Amazonでも販売されていますが、やっぱりコストコで購入するのが一番安いようです。

私が購入した時は500円~1,000円近く値段に差がありました。

今回、数年ぶりにコストコに行く機会があったので、さっそく購入して我が家の猫達に与えてみたのでご紹介していきたいと思います!

カークランドのキャットフードってどんな感じ?と気になっている方はぜひ参考にされてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

カークランドのキャットフード(メンテナンスフォーミュラ)ってどんなフード?

カークランドのキャットフード

コストコで11kgオーバー(11.34kg)の大容量キャットフード。

原材料に鶏肉を使っているので品質も粗悪ではないと噂を聞いていたカークランド。

この量で価格も激安。かなり人気の高い商品のようです。

実際に購入し詳しく調べてみました!

 

成分などの詳細について

原材料

主原材料に鶏肉としっかり記載されているのは嬉しいですね!

この価格帯のフードでは鶏肉を使っている商品はあまりないかと思います。

ですが、副原材料が「チキンミール」なのでミール類は使用されています。

 

チキンミールとは

チキンを粉末状にしたもので、嗜好性を高めて食いつきをよくしたり、乾燥させていることで保存に適している。

元の形状や産地が分かりづらいことから「怖い・不安」などのイメージを持つ人もいる。

 

チキンミールは一概にダメとも言えない?

コストコで購入しましたが、袋に少し破れがありました…。中身までは達していませんが、商品管理はお店によるのかもしれません。

コストコで購入しましたが、袋に少し破れがありました…。中身までは達していませんが、商品管理はお店によるのかもしれません。

「ミールはくず肉や羽など含まれているから安全ではない」という話もよく聞きますが、必ずしも粗悪な素材を使っているとは限りません。

商品によっては公式サイトなどにチキンミールの素材を詳しく明記されていることも多く、今回のカークランドのキャットフードに関してはAAFCO試験適合商品なので安心感があります。

 

AAFCOとは

AAFCOは全米飼料検査官協会(Associatiaon of American Feed Control Office)の略で、栄養基準を定めている団体。

そのため検査をしている団体というわけではなく、AAFCOが定めた基準に沿って各メーカーが商品を販売している。

AAFCOが定めた基準は世界基準とも言われている。

 

上記のとおり、AAFCOが試験をしているわけではありませんが、

ラベルに記載があるということは、AAFCO基準を超えた商品だとメーカー側が明記しているということなので、安心感が強まるかと思います(*´ω`*)

 

実際に与えて感じたカークランドキャットフードのメリット・デメリット

カークランドキャットフード

カークランドキャットフード

それでは実際に我が家の猫達に与えてみた感想をご紹介したいと思います!

茶トラのとらちゃんは下部尿路疾患があるため別のフードを与えています。こちらは別の記事でご紹介しています(*´ω`*)

 

とらのエサは?ロイヤルカナンPHコントロールが「ユリナリーS/O」へ
尿道閉塞を繰り返した「とら」。食事療法としてロイヤルカナンの「オルファクトリー」と「PHコントロール0」を食べていました。今回「ユリナリーS/O」に名称変更があったので、詳しく獣医師に確認してみました。

 

カークランドキャットフードのメリット

パクパク食べてくれる!

パクパク食べてくれる!

多頭飼いである我が家の猫達。実際に与えて感じたメリットは以下の点になります。

 

・大容量でコスパが良い

こちらは言わずもがなですが、多頭飼いには非常に助かる11.34Kgの大容量で価格も低価格なところが魅力ですね!

あまりに大きすぎるので最初に見た時は笑いがこみ上げてきました…(*´ω`*)

 

・食いつきがよい

実際に与えてみて食いつきが良いことにびっくりしました。

「これだけあって食べなかったら…」と不安を感じていましたが、我が家の猫たちには好評でした♪

すでに購入してから一袋空きそうな状況ですが、未だに飽きずに食べてくれるので安心しました。

 

・適度な大きさで食べやすい

これは以前のフードであるメディファスやピュリナとの比較になるのですが、メディファスは粒が大きく形状が特殊なので噛むのに時間がかかりすぎてすぐにおなか一杯になって残すことがありました。

また、ピュリナは粒が小粒すぎてよく噛まずに食べてしまうので、吐くことがありました。

その2種類と比較しても、粒の大きさが本当に丁度よく、きちんと噛んで食べ応えもある理想の大きさでした(*´ω`*)

 

カークランドキャットフードのデメリット

どの猫も食いつきが良いです!

どの猫も食いつきが良いです!

我が家の猫達には好評だったカークランドのキャットフードですが、デメリットをあげるとしたら、メリットでもある「大容量」というところかもしれません。

11kgオーバーなので、多頭飼いでもなければすぐに消費できる量ではありません。(実際に4匹に毎日与えても1ヵ月半は持ちました)

猫はフードの風味が落ちると突然食べなくなってしまうことが多いため、保管方法を徹底しても数か月以上経過すると食べなくなるかもしれません…(;^ω^)

 

密閉容器は必須!

ここまで書いたとおり、魅力でもある「大容量」ということが心配でもある方も多いと思います(;^ω^)

大体1ヵ月半でなくなるペースにはなりますが、風味が落ちて食べなくなってしまうと困るので「密閉容器」に入れて保管しています♪

 

 

今ではこの方法で最後まで飽きることなく食べてくれるようになりました!

 

結論・・・多頭飼いなら十分に選択肢に入ります!

コストコのキャットフード、多頭飼いなら選択肢に入れてok

少し長くなりましたが、商品の紹介とメリットデメリットを書いてきました。

コストコで見かけて気になってはいても、いろいろ不安でなかなか手が出ない方も多いかと思いますので…この記事を読んでいただき、少しでも参考になれば幸いです!

多頭飼いの方であれば、カークランドのキャットフードは十分選択肢に入る商品かと思います♪