子猫「しお」が家族になった!シャム猫のポイントカラーについて調べた結果

ブログでのご紹介が遅れましたが、我が家に5匹目の猫ちゃんがきました(^^)/

シャム猫の特徴ともいえる「ポイントカラー」の子猫ちゃんで、出会った瞬間にイメージしたものが…

 

塩豆大福!(^^)

よってお名前を「大福」か「塩豆」にしようと考えていましたが、いざ一緒に生活してみると「シオ~♪」と呼ぶことが多くなり、結局「シオ」と名付けられました。

シオは公園で捨てられていたところを保護された生後1か月くらいのオス猫ちゃんということでした。

同時に拾われていたメス猫ちゃん(お姉ちゃんか妹)はすでに里親さんが決まっていたので、お顔を拝見していないのですが、シオと同じように「ポイントカラー」の猫ちゃんのようです。

 

スポンサーリンク

ポイントカラーの猫はシャム猫なのか

今まで猫ちゃんを多数飼ってきましたが、我が家の猫たちは「キジ柄」「茶トラ」「ハチワレ」などで、ポイントカラーの猫ちゃんは初めてでした。

他にも黒猫や白猫、サバトラ、三毛猫などはみますが、シャム猫の特徴である「ポイントカラー」は野良猫にもいるのでしょうか?

もしかしてうちの「シオ」はシャム猫なのか?!

 

ポイントカラーの野良猫がいる理由と遺伝について

お昼寝 しお

お昼寝 しお

ポイントカラーはシャム特有の毛色で耳や手足、しっぽなどの毛の先が濃くなる特徴があります。

そして瞳は透き通るようなブルーでとても綺麗です♪

「シャム猫特有の毛色なら、この子はシャム猫なのか?」という疑問が湧いたので調べてみました。

以前に日本でシャム猫が流行した時に野良猫に遺伝子が混じり、現在では野良猫でもポイントカラーの遺伝子を持った猫ちゃんが産まれることがある

上記のような理由ですので、シャム特有のポイントカラーの野良猫ちゃんの場合、先代、先々代と遡っていくと必ずシャム猫がいるというわけですね。

 


 

ポイントカラーになるための「サイアミーズ遺伝子」は、お父さんとお母さんの両方から受け継ぐ必要があります。片方だけからではポイントカラーにならないようです。

遺伝子は両親から半分ずつ受け継がれるので、両親からそれぞれサイアミーズ遺伝子を受け継ぐとなると確率的にポイントカラーの猫ちゃんは少なくなりそうですね。

 

ちなみにサイアミーズ遺伝子を持った猫ちゃんでもポイントカラーとは限りません。

例えばキジ柄の猫ちゃんでも祖先にシャム猫ちゃんがいれば、サイアミーズ遺伝子を持っているということになるので、結論をまとめると以下となります。

・「祖先にはシャム猫が必ずいる」
・「シャム猫の遺伝子を持った両親から、それぞれサイアミーズ遺伝子が受け継がれた」

この辺の説明がややこしいので、私は「シャム猫柄」と言っています(*´ω`)

 

これからも「シオ」を宜しくおねがいします

シャム猫

「とら」の通う動物病院で出会った「シオ」ですが、これも何かの縁だと思い家族に迎え入れました。

とてもやんちゃな性格なようで、moimoi家の猫たちも一波乱ありそうですが…ブログでも随時ご紹介できたらと思います♪

犬1匹、猫5匹となった我が家のペットたちを共々、これからもよろしくおねがいします!

 


<しおのYouTube紹介動画を作りました♪>

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
moimoiをフォローする
もいもいBLOG