子供の視力低下…「JINZ」のバイオレットライト対応メガネがおすすめ!

雑学

以前記事にもしましたが、次男の視力が急激に落ちてしまいました…( ;∀;)

今年の春頃に学校の検診で視力が、

視力:右→0.6 左→0.4(要受診)

だったのですが…今回再度病院へ行ったところ、

 

視力:右→0.1 左→0.1

 

教室で一番前の席にしてもらっていますが、

それでも黒板の文字が見えづらい状態でした…

 

ちょっとこれは生活に支障が出てくる…ということで、さっそくメガネを作りました!

眼科の先生にいろいろとご相談にのっていただき、子供のメガネ作成のポイントを詳しく聞いてきましたのでご紹介したいと思います!

 

<子供のメガネのポイント>

① 半年に一回は眼科で視力検査する

② 6か月や1年の保証期間があるメガネショップから購入する

③ ブルーライトカットだけでなく、バイオレットライトを通すレンズにする

学校の検診で子供の視力が悪いと判明!視力低下の3つの理由と予防について
学校の検査で子供の目が悪くてびっくりされる方もいらっしゃるかと思います。我が家の次男坊もそうでした。眼科医に受診して、小学生の視力低下について詳しく聞いてみました!

 

スポンサーリンク

次男のメガネは「JINZ」で作りました!

結論から先に言いますと、次男のメガネは「JINZ」で作りました!

JINZはオンラインショップがあり、メガネ・サングラスを常時3000種以上を見ることができます。

 

支払いも選択肢が多くて便利でした♪

支払いも選択肢が多くて便利でした♪

 

自宅以外での受け取りも可能です!

自宅以外での受け取りも可能です!

 

子供と一緒に好きなデザインを決めて、処方箋に書いてある度数を入力したら指定された日付に届きます♪

実際にメガネを試してから購入したい方は店舗に行って購入することもできますが、オンラインショップの方が割引などのキャンペーンが多いので、

 

店舗でメガネを試す→オンラインショップで購入が一番お安く購入できますよ!

 

それでは子供のメガネ選びポイントに沿ってご紹介していきます!

JINS

 

半年に1度は視力チェックが必要な理由

メガネイメージ

ポイント①は「半年に1度は視力検査に行く」です。

実は子供の近視は大人と全く違う部分があるんです。

それは…

 

・成長して大きくなる(眼球も)

ということです(^^)/

 

「成長する」と聞くと当たり前のようですが、成長に伴い「眼球が大きくなる」ことで、「眼軸長くなる」ので光が届く距離が長くなり、必然的に視力は低下していきます。

そのため今から成長するであろう小学生の視力は、今後良くなる可能性は低く、逆に悪くなる可能性が高くなります。

眼科医からも、「なるべく今の視力をキープしていきましょう!」という話でした。

 

成長に伴い視力が変化しやすい時期だからこそ、

半年に1度のチェックが必要なんですね♪

 

保証期間があるメガネショップで購入した方が良いワケ

低価格、高品質、保証つき!

低価格、高品質、保証つきを選ぶ!

ポイント②の「6か月や1年保証」がついているメガネショップから購入した方が良い。

という理由ですが、

成長に伴い変動しやすい子供の視力ですので、保証もあるに越したことはないというお話になります(*´ω`*)

我が家は男の子なので、メガネを落としてしまったり、壊してしまったりする可能性が高く…。

高額なメガネは最初から選択肢にありませんでした(;^ω^)

そこで、いろいろ調べたところ、低価格で保証もしっかりしているメガネショップが以下でした。

 

<JINZ>

・半年間、2回まで度数変更が可能

1年間と半年。

間違いなく親としては「1年間」度数変更できた方がお得ですよね!

この時点で選択肢はZOFF一択となり、いろいろと商品を探し回っていたのですが…そんな私が、

 

・なぜ保証が6か月のJINZに決めたのか

少しお話していこうと思います(*´ω`*)

 

バイオレットライトを透過するレンズがあるのはJINZ!

バイオレットライト

現代の子供たちは「紫外線不足」

JINSより画像引用

皆さん「バイオレットライト」ってご存じですか?

子供の近視が近年増加している原因のひとつとして、「ブルーライト」は認知度が高いかと思います。

 

パソコンやスマホなどから出ている光ですね!

 

「ブルーライトが目に悪い」のは皆さん知ってのとおりですが、ブルーライトに接することが多くなった現在の子供たちに不足しているのが「紫外線」で、「バイオレットライト」と言われています。

 

バイオレットライトのレンズ

ブルーライトカットでは必要なバイオレットライトもカットしてしまいます…

JINSより画像引用

時代が時代ですからね…。

子供たちが「紫外線不足」になっていることはすごく実感しています。

目に良くないブルーライトカットのメガネを購入するのも良いのですが、バイオレットライトもカットしてしまいます。

 

ブルーライトはカットして目に良いバイオレットライトは通してほしい…

私の心は揺れ始めました…( ;∀;)

そうなんです。

 

保証が1年間のzoffはバイオレットライト透過レンズがないんです…。

 

レンズの種類

JINZレンズの種類

JINSより画像引用

ちなみにJINZさんでは、バイオレットライトの透過レンズを+5,000円(税抜)のオプションでつけることができます。

これは悩みどころです…。

悩みに悩んだ結果…、

 

子供の視力が今より低下したら困る!

zoffもJINZも安いやつは5,000円くらいから買えるし!

(セカンドメガネをZOFFで作っても良いし…)

成長に伴ってフレームも合わなくなるし!

(1年に一回は買い替えるつもりだった・壊す&失くすかも)


 

結局、フレーム込み1万円(税別)でバイオレットライト透過レンズのJINZに決めました!

 

1年に1回「1万円」の出費になっても子供の視力のためを思ったら、「そう高くはないのかな?」なんて思っています。

そもそも成長期である小学生~中学生は、フレームが顔に合わなくなることもありますからね…( ;∀;)

1年保証も安心ですが、「1年に1回新調する」くらいに考えていた方が良さそうです。

 

JINS ULTRA

ブルーライトカットのレンズより透明?バイオレットライトはありです♪

実際に手に取ってみて感じたのは、バイオレットライトのレンズはブルーライトカットメガネの「色がついている感」がないです!

色付きサングラスみたいにならないのは嬉しいですよね(^^)♪

眼科から処方箋をもらっていれば、オンラインで手軽に購入することができますので、お子さんのメガネ作りで悩まれている方はぜひJINZをチェックしてみてください!

KIDS2017

 

スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク
シェアする
moimoiをフォローする
もいもいBLOG