ぎっくり腰を2度経験した私がおすすめする予防と対処法【経験談】

生活・雑学

突然ですが、私は「ぎっくり腰」を2度経験しております…。

しかも初めてのぎっくり腰は20歳そこそこの若かりし頃(*´ω`*)

いやぁ。

日頃の運動不足ってこんなところで出てしまうのかと後悔しました…。

ぎっくり腰を経験するまでは、名前の軽さ(ぎっくりという愛称)から、お年寄りがなるものと勝手にイメージしていたんですが…

 

なってしまってビックリ!

 

今まで経験した痛みの中で、出産の次に痛かったのです(;^ω^)

それはそれは恐怖で…2度となりたくない!と思っているくらいです…。(その次は腎盂炎になりかけた膀胱炎…)

上記のとおり若い人でも蓄積された腰へのダメージが一気に出てしまい、突然ぎっくり腰になってしまうこともあります。

 

私の場合、「ぎっくり」した瞬間から1週間は立つどころか身動きが取れなくなりました…

本当に、海外では「魔女の一撃」と呼ばれているのも納得。

それでは…

誰でもおこるかもしれない「ぎっくり腰」について、私の経験談を面白おかしく含めながら、予防、対処法などをご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

ぎっくり腰の正式名称は・・・「急性腰痛症」

急性腰痛症

中村かおりさんによるイラストACからのイラスト 

軽いものから重い症状まで、ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」といいます。

 

「急性腰痛症」だと、何となく痛みのイメージができる?!

涙を流しながら痛みを堪えて病院へ行きましたが、レントゲンで何かが分かるということはありません。

痛み止めやシップで痛みを緩和しながら、安静にするしかないのです。

時が解決するしかないなんて…。辛すぎます( ;∀;)

ですが骨折などとは異なり、長くても1週間程で強烈な痛みは必ず引いてくるので、充電期間と思って安静に努めてくださいね♪

 

ぎっくり腰の原因って何?

ぎっくり腰の原因

acworksさんによる写真ACからの写真 

私の場合、以下のような状況でぎっくり腰になりました…。

 


  1.  介護職をしていた時のお正月
  2.  お正月休みでウキウキで福袋を買いあさり…
  3.  福袋を持ったままルンルンで帰宅した瞬間
  4.  大きなくしゃみをした瞬間、腰に力が入らなくなって倒れこむ
  5.  その場から動けず、身動きもできない
  6.  10分くらい動けずにいたら、強烈な痛みが突然やってきた
  7.  一週間寝たきり状態

 

「くしゃみ一発でぎっくり腰」なんて笑い話です…。

でも本当にあった実話なんですよね(;^ω^)

上記の文章の中で大事と思われる部分については太字にしていますが、まず①の「介護職」「お正月」

まったくもって前兆の腰痛がなかった私でしたが、当時介護職をしていたことから腰に蓄積されたダメージがあったものと思われます。

さらに季節はお正月と寒い時期。

寒さで体もこわばり、いろいろなことが積み重なって「くしゃみ一発」でKOされた状態でした。

 

ぎっくり腰になってしまった時の対処法

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になってしまったら

acworksさんによる写真ACからの写真 

【安静にしましょう。】

と書きましたが、実際には安静にするしかない状態でした。

腰の中に鋭利な刃物が入っているかと思うくらい、ほんのちょっと動いただけでも激痛がおこります。

 

・痛みが激しい時は、横向きに寝て膝を少し曲げると楽になります。(赤ちゃんのように丸くなる)

 

私の場合も一週間寝たきり状態で、トイレやお風呂の時に服を脱ぐのも涙目…。

夫に介護してもらいながら何とかなりましたが、本当に「ぎっくり腰」という名前だけではイメージできないくらいにキツイので、無理をせず誰かの手を借りましょう…(*´ω`*)

痛みが引いてきて立ち上がれるようになってきたら、腰痛コルセットを着用すると楽になります♪

 

長年使っているソルボの腰痛コルセット

コルセット、経年劣化と猫の毛がびっしり…(画像アップに注意)

経年劣化と猫の毛がびっしり…(画像アップに注意)

私が今でも現役で使っているのがソルボのコルセットです!

 

 

一度ぎっくり腰をやってしまうと、「腰がやばいな・・・」という前兆がだんだんと分かってきます(;^ω^)

その時にソルボのコルセットを付けると、大事に至らず平穏無事に過ごせるので重宝しています♪

ただし痛みや違和感がない時は筋力低下に繋がるので、つけっぱなしにするのはNGです!

 

猫の毛だらけコルセット

猫の毛だらけコルセット

猫の毛だらけ…(;^ω^)

良いのです!そのくらい愛用していると伝われば( ゚Д゚)!!笑

かれこれ6年以上このコルセットに夢中。値段も他の商品に比べるとお手頃価格です。

写真のツインゴムが良い仕事をしてまして、簡単に思った通りの力で締めてくれるのでおすすめです♪

特に寒い時期や、車を長時間運転するときなどはお守りがわりに持っていくと…安心するのです(笑

 

ぎっくり腰にならないための予防方法

コルセット着用姿

コルセット着用姿(背中の肉には注目しないでください。)

2回目になった際は、初めてぎっくり腰になってからちょうど1年後でした。

 

毎年寒くなると腰痛が出てくるようになりました…

実は2回目のぎっくり腰は初回よりも痛みが少なく、先ほどご紹介したコルセットを着けていれば歩ける状態でした。(それでも痛かったのですが…)

当時は介護職だったので、同僚の作業療法士さんや、ベテラン介護士さん、主治医の先生などから貴重な意見をたくさん聞いたので、ここからは予防法をご紹介していきたいと思います!

 

腰痛に負けない筋力をつける!

腹筋中も我が子

腹筋中も我が子

よく聞く話ですが、要は筋トレです。

体力面などで難しい場合はお風呂上りにストレッチするだけでも効果があるそうです。

腰回りの筋力が足りずぎっくり腰になることが多いので、

 

① 腹筋
② スクワット

が効果的とのこと。

腹筋はお腹に自然と力を入れることが出来るようになり、腰への負担が軽減。

スクワットは腹筋と同じ理由ですが、下肢筋力が強化されることで足のふんばり力がUP!同時に腰への負担がなくなるということです。

 

難しい人は1回から徐々に回数を増やすようにしましょう!

 

姿勢を正す!

我が家の猫背たち…

我が家の猫背たち…

私も自慢しても良いくらいの【猫背】です…。

言わずもがなですが、姿勢が悪いと体に影響がありますよね。

もちろん筋トレをしていると姿勢が良くなることもあるのですが、一日二日で変化があるものではありません。

どんな便利グッズを使っても、結局は自分自身の意識の問題かもしれませんが、座り仕事の方などは快適なクッションがあると良いと思います。

今は「人間工学に基づいた…」などの良いクッションがたくさん販売されているので、自分に合った商品を使って姿勢を正すことをおすすめします^^

 

【ジェルクッション】本当に卵が割れない?実際に使ってレビューしてみた
ハチの巣状になったクッションに生卵をのせ、その上に座っても卵が割れない?!体重分散される画期的なゲルクッションに「卵」をのせて実際に実験してみました!

 

睡眠の質を上げる!

PIKO☆さんによる写真ACからの写真 

【人生の三分の一は睡眠】

と言われるくらい大切な睡眠環境はもちろん腰痛と密接な関係にあります。

若い時はその辺の床に寝てしまっても「体が痛い」ということはありませんでしたが…。

30歳を過ぎるとそうも言ってられなくなります(;^ω^)

そこそこのお値段がするものなので、一度に変更することもできないのですが、良質なマットレスを取り入れるだけでも楽になりますよ♪

 


エアツリーのマットレスはAmazonでもレビューが良く、腰痛の方にも人気のマットレスになります。

 

ですが…、もし検討されるのであれば価格も変わらず、180日の保証などもあるTOBEST(トゥーベスト)さんで検討されることをおすすめします!(2020/2/7現在)

 

普段の生活を見直しながら腰痛予防をしていきましょう!

腰痛コルセット

まとめてみると…

 

<予防>

・筋トレやストレッチを取り入れながら姿勢を意識し、睡眠の質をあげる

・前兆があったらコルセットを適時使用する

<対処法>

・動けない痛みの時は無理せず安静に(横向きひざ曲げが楽)

・コルセットをうまく使って回復期を乗り越える(痛みがない時は外す)

 

こんな感じになりました。

ここまで長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます!

皆さんが同じ痛みを経験せずにすむことをお祈りします(*´ω`*)!