15歳の老犬と猫に【ブッチ】を与えた感想。食いつきが半端なかった

ペット

突然ですが我が家の老犬くんちゃん(15歳)は、お恥ずかしながら今までホームセンターなどで売っている『安いフード』を与えていました…。(愛〇物語ってやつです(‘ω’))

高齢になってきて栄養面も気にしてあげたいと思うようになり、とりあえず今の現状を知るために動物病院で検診をしたところ…、

 

15歳にして肉体年齢は7,8歳くらい!!

 

恐ろしいぜ…。くん婆ちゃん…。

 

とはいえ、今までの格安フードから「高級なプレミアムフード」に突然切り替えると、体がビックリして体調を壊してしまうのでは?という心配もあります。

『まずはいつものフードにトッピングをしてみては?』との獣医師からの勧めもあり、ブリーダーさんなども御用達の【ブッチ】を試してみることにしました!

 

<ブッチってどんなフード?>

比較サイト用

  • 製品における「肉」の割合は76.5~94%
  • すべての原材料が安心で安全なニュージーランド産の最高等級
  • 原材料を工場納入後、フレッシュなまま数時間以内に製品化
  • 肉ばかりでなく魚や野菜、海藻など自然由来のもので栄養素を強化
  • 100℃未満での短時間調理を利用した独自の製造法
  • 長年の研究による「生肉と同じ栄養成分と水分含有量」の実現
  • グルテンやイースト、人工調味料などが無添加
  • ニュージーランドからお手元まで「新鮮チルド」でお届け

※糖分、小麦粉、グルテン、イースト、人工調味料・香料など全て無添加。

※ブッチは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の定める全成長段階対応の基準をクリアした総合栄養食です。

Butch公式サイトより引用

無添加で安全なプレミアムペットフードのブッチは、犬・猫ともに対応しており、食いつきもかなり良いとか…。

 

猫にも与えられるなんて、犬も猫もいる我が家にはうってつけのフードではないだろうか?!

 

極端な思考になりましたが、我が家にピッタリであっても値段が良心価格でないとなかなか手が出ません…。

 

老犬くんちゃん(15歳)の栄養面もサポートしたいし、

猫のとらに至っては尿路結石ができやすいので、実際に試していろいろと調べてみました!

 

スポンサーリンク

尿路結石の猫や高齢のペットにもピッタリな高タンパク・低カロリー

今回注文してみた「お試しセット」

今回注文してみた「お試しセット」

高齢なペットに合った食事とは?と調べると、「高タンパク・低カロリー」という言葉をよく耳にしますよね。

ブッチでは、原材料に新鮮で高品質な生肉を使用し、お肉の割合を76.5~94%に調整しています。

風味を活かしたまま低温調理されているので、栄養価を高く保持しつつ「高タンパク・低カロリー」を実現したプレミアムフードとなります。

 

犬猫は本来肉食動物なので、低温調理で風味が残ったブッチに食いつきが良いのは頷けますね!

 

さらに、私が一番おすすめしたいポイントが以下となります!

 

・水分含有度を生肉と同じ70%に調整

 

我が家の「とら」も尿路閉塞になってしまった経験がありますが、ペットの下部尿路疾患の原因のひとつとして、水分摂取量が少ないことがあげられています。

普段与えているドライフードよりウェットフードの方が水分有量が多いので、獣医師からもなるべくなら「ウェットフードが良い」というお話を聞いていました。

ブッチの水分含有度は70%なので、できるだけお水を摂取してほしいペットにもおすすめですよ♪

 

<ペットのお水については以下の記事もご覧ください>

【ろ過式給水機】ピュアクリスタルが到着!4匹の猫たちの反応はいかに
尿路結石を予防するために、「お水をたくさん飲んで欲しい」という思いから、ピュアクリスタルを購入してみました!猫たちの反応など含めてレポートしていきます♪

 

トライアルセットが最強にお得!猫ちゃん用もあります!

はじめに、ブッチの商品一覧は以下となります。

<犬用>

ワンちゃん用(800g、2Kgあり)

ワンちゃん用(800g、2Kgあり)

<猫用>

猫ちゃん用(600g、800g、2㎏)

猫ちゃん用(600g、800g、2㎏)

ブルーレーベル(青いブッチ)だけは犬猫兼用フードです。

Butch公式サイトより引用

 

元々はクンちゃん(犬)に与えるのが目的なので、今回は犬のトライアルセットを注文してみました!

クール便で注文からあっという間に届いた商品がこちら!

どーんと届いた初回限定の「お試しセット」

どーんと届いた初回限定の「お試しセット」

800gって小さいイメージだったけど…

結構ずっしりしてますね…(*´ω`*)

犬のトライアルセットは以下の内容でした。

 

・ブラックレーベル 800g ×1

・ホワイトレーベル 800g ×1

・ブルーレーベル 800g ×1

・保存用キャップ ×1

クール便・送料無料 【特別価格 3,000円

保存用キャップがついて正直、破格です(;^ω^)

800g一本、通常価格は1,430円ですから…。

それが3本とキャップがついて3,000円ならかなりお得です!

 

3本で通常4,440円+キャップ198円で4,638円。

差額1,638円もお得になります!

 

しかも送料が無料なので、ちょっと試してみたいという方にもおすすめですね。

 

給与量もしっかり書いていました

給与量もしっかり書いていました

トライアルセットにはブッチの与え方の冊子が同梱されていたので、給与量の参考になり安心です。

我が家ではトッピングとして与える予定なので、通常のドライフードを半量にして、もう半分のカロリーをブッチで補うように与えています。

 

フレッシュキャップ

フレッシュキャップ

同梱されていたフレッシュキャップです。

 

キャップ裏側

キャップ裏側

キャップの裏側に突起があり、カットした後のブッチをブスッと差し込む仕様になっています。

 

ちょっと大きい?

ちょっと大きい?

800gと2㎏のキャップが兼用なのか、今回注文したブッチには少し大きいような…(;^ω^)

画像のように立てて「冷蔵庫に保存」することができます。

乾燥しそうで不安だったので、上からラップをかけて輪ゴムで止めて保管しました。

 

女性(小さめ)の手と比較

女性(小さめ)の手と比較

800gってどのくらいの大きさなの?って方へ。

私(女性・小さめ)の手のひらと比べての画像です。

結構ずっしりとした重みがあって、「思っていたより大きい」と感じました。

それでも大型犬になると、2kgないと足りないんだろうな…と戦々恐々としていましたが、公式サイトを見るとお分かりのとおり、

定期購入にするとかなり値段が良心的ですし、我が家のようにトッピングにすれば手軽にお試しいただけるのではないかと思います♪

 

新規バナー

 

【給与量について】パッケージにメモリがついているので分量が簡単!

ブルーだけ「犬猫兼用」ということですが、犬と猫それぞれフードが違いますし、

「カロリー計算などもしないといけないなぁ…。」と、正直面倒に感じていました。笑

 

ひとメモリ100g

ひとメモリ100gで見やすい!

いざ商品のパッケージを見てみると、何やらメモリがついている!?

どうやら「100g」あたりの目安が書かれているようで、このメモリに合わせてカットすれば良いとのこと。

これは非常にうれしい気配りですね(*´ω`*)

 


商品パッケージの裏のラベルには、犬と猫の「給与量」も書かれているので、これを見れば一目瞭然。

原材料などもきちんと記載されているので安心です。

(ブルー、ブラック、ホワイトの3種類の画像を参考に載せておきます♪)

 

ブルーレーベルについて

猫兼用ブルーレーベルはチキン、フィッシュが原材料です。

 

ラベルには猫用の給与量もしっかり記載されています。

 

ブルーレーベル給与量

公式サイトにブルーレーベルの給与量表がありましたので、参考に記載しておきます!

Butch公式サイトより引用

 

ブラックレーベルについて

ブラックレーベルはビーフ・ラム・チキンを原料としており、ニンジン・コーン・エンドウ豆が入っている彩りも良いワンちゃん専用の商品です。

 

黒のパッケージデザインがカッコイイですよね(*´ω`*)

 

ホワイトレーベルについて

ホワイト・レーベルは消化器系や皮膚が敏感だったり、赤身肉が苦手な愛犬におすすめの商品です。

 

チキンをメインに、ニンジン、コーン、エンドウ豆などが入った無添加フードとなります。

 

ブラック・ホワイトレーベル給与量

ホワイトレーベル給与量

Butch公式サイトより引用

 

ブッチを愛犬、愛猫に実際に与えてみたら…メリットしかないかも

さて、それでは本題の…。

我が家の犬猫たちにブッチをあげてみましょう!

まずはクンちゃん(15歳 メス)からどうぞ!

 

クンちゃんのブッチ体験談(ホワイトレーベルver)

ブッチホワイトレーベル

ブッチホワイトレーベル

カットしてみてビックリしたことが…

 

なんじゃこりゃ!ハムみたいにプリプリや!!

もう、匂いもそのままお歳暮やお中元でよく見る高級ハムの香り。

人間が「はいごはんよ~」って出されても全く違和感なく食べれると思うくらいです!笑

 

ホワイトレーベルをカットした後

ホワイトレーベルをカットした後

プリプリしていますが固すぎることもない弾力なので、高齢犬のクンちゃんでも口を汚さずに食べることができそうです♪

お野菜が入ってて彩りが良いです。

 

いつものフードにトッピング

いつものフードにトッピング

いつものドライフード半量、ブッチ半量で与えています。

 

歯がなくても大丈夫!

歯がなくても大丈夫!

クンちゃんは歯周病で歯があまり残っていませんが、それでもパクパクっと食いつきました!

高齢犬になると嗅覚も弱くなると聞きますが、いつものフードを出した時とは反応が大違いでした(*´ω`*)

「マテ」がこらえきれずにモゾモゾ…笑

歳のせいか食欲も食べるスピードも落ちていましたが、ブッチはハイスピードで食べきってしまいました♪

 

猫たちのブッチ体験談(ブルーレーベルver)

猫たちにはブルーレーベルを

猫たちにはブルーレーベルを

猫たちにはブルーレーベルを与えてみましょう!

もちろんトッピングになりますが…(;^ω^)

 

クンちゃんのホワイトレーベルと同じく、ブルーレーベルもプリプリです!

原材料がフィッシュということで、なんとなく魚の缶詰のような匂いがします♪

猫たちには細かくカットしてあげました。

 

お祭り状態

お祭り状態

もうカットしている時から匂いにつられて「お祭り」状態…。

足元でニャーニャー騒ぎ始めました!笑

 

「もう待ちきれないにゃー」

「もう待ちきれないにゃー」

最後の方には待ちきれず、足をガブッとひと噛みされました( ;∀;)

普段はこんなことはありません…。

これがブッチの魔力か…。

 

ガッツいて食べています。

ガッツいて食べています。

もう普段の食いつきの200%以上(^^)/

みんなガッツいて食べています!

 

しおに至っては…

しおに至っては…

生後7か月の「シオ」なんかはブッチが美味しすぎて子猫時代に戻ってしまったのか、

「うまいうまい」と言いながら食べていました(*´ω`*)

子猫がごはんを食べるときの「うまいうまい」って可愛いですよね♪

 

ブッチのデメリットは?

ブッチのデメリットとは

実際に与えてみて大反響だったブッチ。

食欲不振の時にもおすすめですし、犬猫兼用なんて素晴らしい!

さらにトライアルセットはお得で、定期購入すれば低価格で取り入れることができます。

これからも定期購入していこうと決めましたが、デメリットとしてあげるとすれば以下のような点がありました。

 

・800gだとフレッシュキャップだけでは新鮮さが保てない

これは先述したお話となりますが、800gだとキャップが少し大きすぎるのでラップなどが必要になります。

そこまで負担にもなりませんが、出来れば専用のキャップも作ってもらえたらなぁと感じました。

 

・我が家の猫1匹は好みではなかった

「犬1匹、猫5匹とも食いつきが良くて超おすすめです!!」と書きたいところではありますが、嘘はつけません。

我が家の猫1匹(てんちゃん)だけブッチが好みではないようで、ブッチを混ぜると全く食べませんでした(;^ω^)

これは猫の好みにもよると思いますが、てんちゃんはちょっと変わった猫で「ちゅ~る」や他の缶詰などもあまり食べない子なんですよね…。

でも事実、すべての猫が食べる!とは言えないので、同じような子に与えたい方はぜひ「トライアルセット」でお試ししてみてくださいね♪

 

ブッチ購入者の70%が定期コースを選んでいるようです!

ブッチの段ボールでも遊べちゃう?!

ブッチの段ボールでも遊べちゃう?!

今回ご紹介したブッチですが、「トライアルセット」3,000円で送料無料なので、ちょっと試してみたいかな?という方にもおすすめです。

そして、試して続けてみようと思われた方は「定期コース」が確実にお得です。

 

<定期コースのメリット>

①通常価格の10%OFF

②いつでも「変更・休止・中止」OK

③周期は2週間・1ヵ月・2ヵ月から選択可能

④6,600円(税込)以上で送料無料(追加の注文も同梱で送料無料)

 

今回ご紹介したトライアルセットと同じ「800g3本セット」を1ヵ月ペースで欲しい場合は、2か月に1回のコースにして「注文数を2つ」で購入すると送料無料になります♪

調べてみたところ公式サイト以外では販売していなかったり、売っていても値段が倍する場合もあるので、公式サイトの定期コースが一番お得な方法となります。

ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

新規バナー

我が家のペットたちの「ブッチ」の食べっぷりを動画にしました♪