【猫の尿路結石】とらの尿道閉塞・1日~2日で命を落とすところだった

みなさん、猫ちゃんに多い病気の「尿路結石」をご存知でしょうか?

私も知識としてはあったのですが、よく聞く病名なだけに安易に考えているところがあり、今回、一歩間違えれば「とら」の命にかかわる経験をしたので、詳しくブログにてご紹介しようと思います。

結論から言うと、とらのように「尿路結石」から「尿道閉塞」まで進んでしまうと、早ければ24時間以内に意識レベルの低下、嘔吐、体温の低下が始まり、その後腎不全や尿毒症となって死に至ります。

猫ちゃんを飼っている方は特に、とても他人事ではないお話になりますので、私ととらの経験談を読んで、ぜひ猫ちゃんの体調に気を付けてあげてくださいね!

 

スポンサーリンク

尿路結石と尿道閉塞について

尿道閉塞

SA Medicine vol.14 No,4 2012

<尿道閉塞とは>

尿道内でストラバイト結晶シュウ酸カルシウムなどによって栓子(せんし)が出来てしまい、塞栓して尿を全く出せなくなる病気です。

結晶が結石となるのですが、とらの場合は「ストラバイト結晶」(キラキラした結晶)という結石までいかない状態で、完全に閉塞してしまいました。

尿路結石は人間にもあるので、名前を聞くだけで想像ができるかと思いますが、猫の場合も尿道が狭くて長い「オス猫」に多い症状となります。

尿道狭窄

また、10歳を超えてくると結晶や結石だけでなく、「腫瘍」「狭窄」によって尿道閉塞が起きる割合が多くなるということでした。

どちらにしても言えることは、閉塞してしまうと一刻を争う緊急疾患となる」ということですね。

 

症状、前兆は?(とらの診断までの経緯もご紹介)

様子を観察

もしかしたら…、もっと早くに気付いてあげられたかも…。

部分的に閉塞している状態の場合は、以下の様子が確認出来ます。

・おしっこの回数が増える
・血尿
・排尿時の痛みから鳴き声を発する
・落ち着きがなくなったり、いつもと様子が異なる

完全に閉塞してしまうと、

・トイレで長時間踏ん張っている
・トイレ以外でも中腰の体勢(おしっこのポーズ)を取る

上記のような様子も見られます。

とらの場合は、エコー検査で尿の溜まり具合などを確認してもらった結果、「突然閉塞してしまった状態」でした。

前日もいつもと変わらない様子でしたし、朝もゴロゴロいいながら、ごはんもたくさん食べました(;^ω^)

その後、お昼ごろにふとトイレに目をやると、長時間踏ん張っている様子が見られたので、「おかしいなぁ…」と感じはじめました。

ですが当日は「土曜日」だったのです…。

かかりつけの動物病院は土曜日も開いているのですが、私の思い込みでこの時はまだ「土曜日は病院が休み」と思っていました。

 

月曜日に病院に連れて行こう

そう思っていたのですが、以前飼っていた猫ちゃん「サガ」がおしっこが出なくなって亡くなったこともあり、もう一度調べてみたところ、土曜日も開いていることに気付きました(;^ω^)

(サガちゃんのことは記事でも書いています)

猫のマーキング~去勢すると90%は治る!スプレーで誤診も?
猫のマーキング行動や、改善方法について記事にしてみました。うちの猫軍団は4匹ともオスなので、発情期になると大変…。乗り切り方、やめさせる方法について記事にしてみました。

 

やっぱり何かあってからじゃ後悔する…。

病院が開いてるなら今から連れて行こう!

まさかと思い病院に連れて行ったところ、「完全に閉塞」している状態でした…。

翌日は日曜日。病院はお休みです。

早ければ閉塞してから24時間くらいで「腎不全」「尿毒症」になる可能性があり、とらが死んでしまっていたかもしれないと思うと、本当に恐ろしいです…。

あの時「様子を見よう」と病院に行かなかったら、とらは間違いなく命を落としていたと思います。

また、かかりつけ医が土曜日のお昼からも開いていたおかげで、命拾いすることが出来ました!

九死に一生とはこのことですね。

 

治療について・カテーテルで緊急処置が決定

早期発見することができ、命からがら助かった「とら」ですが、尿道閉塞を取り除いてもらう必要があります。

処置は麻酔をして行うということで、一旦病院に預けて私は帰宅。

不安でしょうがない状態に…( ;∀;)

処置としては、マッサージして取り除いたり、カテーテルを通して取り除くということでした。

また、上記の手段でも詰まっているものが除去できない時は、外科手術が必要となることもあると説明を受けました。

とらの場合はカテーテルを通してもらい、3か所ほど詰まっている場所があったそうですが、「生理食塩水」による「フラッシュ」という処置で除去することが出来ました。

 

麻酔が効いているうちは自宅に帰っても注意が必要

麻酔が半分聞いている状態

処置が無事終わり、お迎えに行ったときに説明受けたことが以下となります。

・麻酔が完全に覚めるまでは、突拍子もない行動をすることがある
・猫は動きが素早いので、落下や転倒によるケガに注意する

去勢手術の時はそこまでなかったのですが、今回のとらは自宅に帰ってから「不穏な状態」にありました。

キャリーバックから出した瞬間に、パニックになりながら飛び回り、転倒して大騒ぎに…(*_*)

これが獣医師が言っていたことですね…。

幸いケガをすることはありませんでしたが、階段などがある家庭の場合は、麻酔が取れかかった時も要注意ですよ…。

 

今後の治療はどうすれば良いのか、予防に必要なこと。

水をあまり飲まないとら

「水はあまり飲まないにゃー」

尿路結石になりやすい子がいるとすれば、以下の特徴がある猫ちゃんになります。

・お水をあまり飲まない子
・オス猫ちゃん
・肥満気味
・去勢手術済

もちろんこれだけでなく、雌でもなる子はいますし、どの子もなる可能性があるということは忘れてはいけないですね…。

最後に今後の治療、予防として説明があったことを詳しくまとめてみます。

 

予防①:水をよく飲ませる

確かにとらは他の猫と比べてみても、水を飲む回数が少ないように感じます。

猫は「動きのある水」が大好きなので、以下のような「循環式給水機」を取り入れようと思い注文してみました!

口コミを見ても、「水を飲む量が増えた」というレビューが多く、獣医師もおすすめしていたので、効果に期待したいと思います♪

<※ピュアクリスタル購入レポ>

【ろ過式給水機】ピュアクリスタルが到着!4匹の猫たちの反応はいかに
尿路結石を予防するために、「お水をたくさん飲んで欲しい」という思いから、ピュアクリスタルを購入してみました!猫たちの反応など含めてレポートしていきます♪

我が家は「井戸水」なので、飲み水についても調べてみたところ、「硬水」は尿路結石ができやすいということで、ウォーターサーバーを検討しました!

以下の記事で詳しく記載しています♪

井戸水が猫の尿路結石の一因?逆浸透膜のウォーターサーバーにしよう!
とらが尿道閉塞になってしまって、我が家の井戸水にも原因があるのでは?と考えました。ペットに理想なPH7、硬度50以内のお水を調べてみたところ、アクアクララさんのウォーターサーバーがベストでした!

 

予防②:食事改善・療養食

すでに尿路結石となってしまったとらについては、今後は療養食を与えていくことになります。

一度なってしまうと、再発しやすいのもこの病気の特徴です。

やはり今まで食べていたピュリナよりはコストが高くなりますが、健康にはかえられないですよね…。

獣医師から指示された療養食がロイヤルカナンの「PHコントロール」です。

4種類ありますので、詳細をご紹介します。

 


・「0」→急性期に食べる食事。結石を溶解する効果がある

・「1」→
一度結石が出来てしまった猫ちゃん用に成分が調整されている

・「2」→
下部尿路疾患の予防として与える食事

・「オルファクトリー」→「2」と同じく下部尿路疾患の予防として与える食事に、猫ちゃんが好む味付けを加えた商品(食いつきを良くする)

以上の4点になります。

動物病院に購入するより「Amazon」で購入した方が低価格であることが多いのですが、「療養食」となりますので、猫ちゃんに与える時は、必ずかかりつけ医の指示の元で与えてくださいね♪

ちなみにとらの主治医に、多頭飼いであることを相談した際に、

・「2」と「オルファクトリー」であれば予防として他の猫ちゃんが食べても大丈夫

と、回答があったので、万が一他の子が食べてしまっても安心です!

そして…、試供品もいただきましたが、とらに食べて欲しい「0」や「1」は全く食べてくれませんでした…(*_*;

「2」も微妙な反応で、結局食べてくれたのは「オルファクトリー」だけでした…。

療養食は市販の食事と異なり、味付けや匂いが薄いので、「0」は食べない子が多いと聞いていましたが…。

食べないものはしょうがないので残念ではありますが、オルファクトリーを与えつつ定期的な検診に行こうと思います(*_*)

 

※2019年6月中旬より、PHコントロール商品は「ユリナリーS/O」に製品名が変更されました。

以前のパッケージ商品をお持ちの方はこの記事の内容で問題ないですが、新パッケージを購入された方は以下の記事を参考にされてくださいね♪

とらのエサは?ロイヤルカナンPHコントロールが「ユリナリーS/O」へ
尿道閉塞を繰り返した「とら」。食事療法としてロイヤルカナンの「オルファクトリー」と「PHコントロール0」を食べていました。今回「ユリナリーS/O」に名称変更があったので、詳しく獣医師に確認してみました。

 

まとめ:尿路結石・尿道閉塞は早期発見が大事です!

ひじき

ひじき「僕たちの様子も気をつけるにゃ」

とらの場合はそこまで前兆は見られませんでしたが、実際に気付いたのは「長時間のトイレ」でした。

閉塞してしまうと早くて24時間で命にかかわることになるなんて、突然すぎて怖いですよね…。

ですが、必ずいつもと違う様子が見られるので、トイレの回数が増えたり、血尿があったり、機嫌が悪かったりなど、飼い主さんが「?」と思う事があれば、早めに病院に受診するようにしましょう!

ためらわずに受診することが、猫ちゃんの命を救う事につながります!