Amazonマーケットプレイス 出品者の見分け方・注意点について

Amazon

Amazonで購入した商品が、お届け予定日になっても届かないことありませんか?

もしやそれは「Amazonマーケットプレイス」という出品者が販売・発送する商品かもしれません。(海外から発送の商品も多く、配送が遅延してしまうことがあるようです)

Amazonに問い合わせしても「出品者が販売する商品なので…」と言われ、結局その場で回答してもらえずなんだか腑に落ちない経験をされた方は多いかと思います。

どうしてこういうことになるのか、「出品者ってなに?」という方へ、Amazonの仕組みと購入前の注意点をご紹介します!

 

スポンサーリンク

Amazonマーケットプレイスって何?

ショッピングイメージ

Amazonには、

①Amazonが販売・発送する商品
②出品者が販売・発送する商品
③出品者が販売・Amazonが発送する商品 (出品者がAmazonの倉庫に在庫を預けて、Amazonが代理発送)

3パターンの商品が販売されています。

Amazonは大きなショッピングモールのようなものと思っていただけると分かりやすいかと思います。

 

Amazonで販売・発送する商品について

①Amazonが販売・発送する商品について、

この場合はすべて一貫してAmazonが対応します。

交換も在庫があったら対応してもらえるので、何かあった時にでも安心です。

 

ショッピングモールをイメージ

②出品者が販売・発送する商品について説明します。

大手イオンさんを例にあげると、イオンモールの中には、

 

・イオンが直接販売する商品
・場所を借りて出店している店舗(テナント)

上記の2通りがありますよね。

例えば、イオンで直接販売している洋服などを購入して、損傷があることに気付いて返品したい!という場合、購入したイオンに問い合わせると思います。

もちろんイオンの責任となり、対応もイオンが行います。

これが万が一、イオンの場所を借りて出店している店舗(テナント)からジュエリーを購入した際に、何もしていないのに石がポロっと取れてしまった…。

さて、どこに問い合わせるでしょうか?

イオンの本部に電話をかけても「店舗(テナント)が販売している商品については、店舗にお問い合わせ下さい」と案内され、二度手間になるだけです。

おおよそほとんどの方が、保証書やレシートを準備して購入した店舗に問い合わせされると思います。

上記の例えでまとめると、

 

・Amazonマーケットプレイスの出品者=イオンでいう店舗(テナント)

となるので、いくら不良品が届いて「Amazonで買ったのだからなんとかして!」と言っても、Amazonでは対応が出来ないため、「出品者へ連絡しますので…」という回答が返ってくるというわけです。

また、このパターンの場合、配送も出品者が直接発送するため、Amazonでは発送の詳細についても分からない状況となります。

 

出品者が販売・Amazonが発送する商品(フルフィルメント)って何?

③出品者が販売・Amazonが発送する商品ですが、「フルフィルメント」と呼ばれるサービスを出品者が利用している場合となります。

簡単に説明すると、出品者が在庫をAmazonの倉庫に預けておいて、注文が入ったら勝手にAmazonが発送代行してくれるサービスです。

この場合、商品に問題があった場合は、Amazonが返品対応の窓口をしてくれます。

返送する先もAmazonの返品センターへ返送となりますし、発送もAmazonが行うことから、配送状況の確認などもAmazonで対応できます。

注意点としては、交換品の在庫をAmazonが勝手に発送することは出来ないので、交換対応が出来ないということになります。(出品者側で交換対応する特殊なケースはあります)

 

販売者(出品者)の確認方法・お問い合わせ方法

注文履歴での判断の仕方ですが、販売者がAmazonでない場合は注文履歴にて該当の商品が以下の画像となります。

黄色く囲った場所に、出品者の名前が記載されます。

商品について何かあった場合は、Amazonに問い合わせることも出来ますが、問い合わせても結局、Amazonから出品者へ連絡→出品者から自分宛てに連絡となるので、Amazonがワンクッションおいているだけです。

 

結局のところ、出品者へ直接連絡した方が早く解決します。

スムーズに問題を解決するためにも、右上に囲った「問題の報告」からメールフォームに沿って、直接出品者に問い合わせをしましょうね!

Amazonのシステムを使ってメールを送信するので、履歴はAmazonから確認出来ます。

何か出品者とトラブルがあった場合でも安心ですね。

(Amazonサイトは頻繁に更新されるので、画像の表示が変更される場合があります)

 

出品者のページも確認しよう

ちなみに、上記の画像の出品者の名前(青い文字)のところをクリックすると、出品者評価等が記載されたページに移動します。

ここでは、出品者の評価の他に、出品者の情報も記載されているので、英語表記で海外の住所であればお届けが遅れてしまう可能性があることを理解したうえで、注文するようにしてください…。

海外から発送される出品者は配送が遅延する可能性が高いです。

これは出品者が適当…ということもあるかもしれませんが、(そんなことはないと信じたいですが…)税関等で荷物がストップしてしまうことがあり、遅延の確率が高くなるということです。

急ぎの商品や使う予定日が決まっている商品は、Amazonが発送する商品を購入しましょうね♪

 

どうしても解決出来ない問題があった時はAmazonで保証がある

出品者に質問して回答がきたけど日本語も何かおかしいし、本当に大丈夫なの?と心配したことはありませんか?

そんな場合でも安心してください。

Amazonでは「Amazonマーケットプレイス保証」という保証のサービスもあり、商品が届かないだけでなく、出品者が何と言っているのかさっぱり分からない場合や、連絡したけど回答が来ない!という場合でも申請が出来ます。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス保証について

保証のサービスも、自分でサイトから申請が出来るようです。申請方法は以下URLを参照してみてください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス保証を申請する

出品者とトラブルになった場合に「クレジットカードの情報は大丈夫なのか?」と心配になる方も多いのではないでしょうか?

支払い関係・決済はすべてAmazonが管理しているので、出品者へ情報を渡すことはありませんのでご安心ください!

 

Amazonマーケットプレイスにはメリットもたくさんある

なんだか出品者に対してデメリットや注意点ばかり語ってしまった気がしますが、私はAmazonマーケットプレイスの商品が大好きでよく購入しています!

本が好きで、よく中古本を購入するのですが、中古本の購入についてはAmazonが一番だと思っています。

なんといっても、出品者が販売する商品の価格が激安です。

ブックオフオンラインなども利用していますが、まとめて購入しないと送料がかかってしまうので、数点だけほしい時は結局割高になってしまうんですよね…。

出品者からこの間購入した中古本も、かなり破格でした。(1円+配送料250円=251円とか…)

汚れなど気にしない方(私)にはとってもお得ですよね♪

マーケットプレイス商品の中古本は、1点の商品につき送料が必ずかかってくるのですが、送料を含めたとしてもブックオフの送料なしの商品価格と同じ低価格で販売している事が多いようです。(物によりけりではあるのでしょうが…)

 

状況に応じて使い分けよう!

Amazonが販売する商品だけでなく、Amazonマーケットプレイスの商品があるおかげで、Amazon全体の商品点数が多くなり、結果的に幅広い商品を購入する機会が得られます。

「この日までにどうしてもいる」という場合を除いてケースバイケースでうまく利用していくと、とてもお得に利用出来ますので、今回記事にした部分に注意しながらお買い物を楽しんでいただけたらと思います!

それでは、長くなりましたが、良いお買い物ライフを!

 

スポンサーリンク
Amazon
スポンサーリンク
シェアする
moimoiをフォローする
もいもいBLOG