高速バスで行く北九州から大分 その他の交通手段比較

北九州

本日、初めて「高速バス」に乗ってみたmoimoiです。

今回、大分に用事があったので、西鉄バスの「ゆのくに号」に高速バス乗車体験してきました。

同時に、JRや車(自家用車)での費用も比較してみたので、大分に行かれる方、もしくは大分から北九州に行かれる方の参考になると嬉しいです。

今回お世話になった「ゆのくに号」

にしてつバスっちゃ!北九州 – 北九州〜別府・大分線
バスっちゃ!にしてつ北九州は、バスで得する北九州エリアの地元密着オトク情報サイトです。まちがもっと楽しくなる情報を西鉄バス北九州がお届けします。

 

スポンサーリンク

西鉄バス(ゆのくに号)

ゆのくに号は、北九州市から出発して大分駅を過ぎ、終点が大分新川となっています。

・鉄輪温泉・別府・高崎山(水族館・うみたまご)・大分駅

上記のバス停を経由するので、ほとんどの観光地や目的地へは行けるのではないでしょうか?

それでは続いて、乗ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

 

高速バスのメリット

・予約不要でそのまま乗車出来る
・大人片道1500円と格安
・携帯電話の充電が出来る(コンセント付き)
・トイレ付き

高速バスのデメリット

・時間がかかる(今回、行橋今川から乗車しましたが、おおよそ2時間かかりました)
・バス乗り場までの行き方がよく分からない

高速道路上のバス停にどうやって入るの?

一般道にある普通のバス停から、高速バスに乗車したことはあったのですが、「高速道路上にあるバス停」からの乗車したことがなく、今回初体験でしたのでご紹介します!

 

行橋今川の高速道路上のバス停の行き方

高速道路上のバス停は、パーク&バスライドと呼ばれるそうです。

西鉄バスのサイト上では少し分かり辛かった為、写真に撮ってきましたのでご紹介します!

駐車場

駐車場

無料駐車場の場所ですが、「セブンイレブン東九州道今川PA上り店」のちょうど裏手にあたる、一般道に面している部分に大きな砂利の駐車場があります。

高速バスを利用するときは、上りでも下りでもここに車を停めてください。

(決して料金所を通過することはありませんので、ご注意ください)

場所は看板等があるので、現地にさえついてしまえばすぐに分かると思います。

 


駐車場から徒歩ですぐ

駐車場から徒歩ですぐ

①駐車場に停めたら、大分方面に向かって歩きます。

 

上り入口

上り入口

②高架下の手前に看板が出ています。この看板から左に進むと「上りの高速バス停」に行けます。

 

下り入口

下り入口

③今回は「大分に行くため下り」なので、高架下をくぐっていきます。道なりに左に曲がると、看板が見えてきました。

 

バス停へ続く階段

バス停へ続く階段

④駐車場から所要時間5分くらいですね。「高速バスご利用の方専用」と書かれているドアを開けると、階段がありました。

 

高速バス停

高速バス停

⑤階段を抜けると高速道路に出る事が出来ます。バス停も無事発見しました!

帰りは上りのバス停で降りることになるので、画像でいうと②の場所へ出てくるようになります。

 

ゆのくに号の車内の紹介

足元・コンセント付きです

足元・コンセント付きです

トイレもあり安心

トイレもあり安心

 

高速バス以外の方法で大分へ行く場合

他の交通手段を使って、北九州から大分に行った場合と比較をしてみました。

 

JRを利用

小倉から特急ソニックが出ていますが、北九州~大分間は「自由席2枚きっぷ」は販売されていないので、利用できる割引としては以下となります。

・2枚きっぷ:指定席 5,960円

(通常料金:大人片道:4,230円)

ネットで購入することで割引されるサービスもあります。

ネット限定きっぷ | 駅・きっぷ・列車予約 | JR九州
JR九州のネット限定キップのご案内です。九州新幹線、九州内特急列車のご利用に便利です。

 

JRのメリット

・早い(1時間30分程度で到着)

 

JRのデメリット

・高い(ネット割引無しの場合、2枚きっぷでも少し高め)

 

自家用車で高速を使ったら

今回「行橋」から高速バスに乗車したので、行橋から高速に乗ったと仮定して調べてみました。

NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報
西日本高速道路株式会社の道路交通情報サイトです。高速道路の料金検索、渋滞・通行止め情報、工事の予定など高速道路のご利用に必要な道路交通情報を掲載しています。
・通常料金(片道):2,910円 (行橋~大分)

<ETC割引について>

休日(終日)
2,040円
深夜(0-4時)
2,040円
平日朝夕(6-9時/17-20時)
還元率30% / 5~9回  870円分
還元率50% / 10回以上 1,450円分
ETCの割引を加味しても、高速バスの方が確実に安くなりますね。
北九州市からの出発とすると、負担はもっと大きくなりそうです。

自家用車で高速利用のメリット

・気軽に行ける(運転が好きな人なら)
・行橋から1時間20分で到着(最速)
・大勢で行くなら一番安い

自家用車で高速利用デメリット

・一番最安の高速バスと比べて、価格が500円くらいの差がある
・ガソリン代がかかる

大分・北九州間で気軽に観光が出来ますよ

最近は、大分の観光地も色々と進化しており、温泉しかないようなイメージではなくなってきました。

水族館(うみたまご)も子供達だけでなく大人が行っても癒されますし、家族でのんびり過ごすのには良い観光地かと思います。

実際に行ってみましたが、高速道路が通ったことで、大分がかなり近くなったと感じました。日帰り温泉などもストレスなく楽しめますよ!

交通手段も、ご紹介したように色々とありますが、時間が短い方がいいとか、家族で行くから自家用車で…等、色々なケースがあるかと思います。

今回ご紹介した高速バスも視野に入れて、大分観光を検討してみてはいかがでしょうか?

(※この記事の情報は2018/10/30時点の情報となります。)